CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW フロントスタッフ 小林 千晶INTERVIEW フロントスタッフ 小林 千晶
ワークライフバランスや
キャリアステップなど
後輩のロールモデルになるべく
あらゆる経験を積んでいきたい

学生時代は“SUBARU”の名前こそ知っていましたが、特にクルマに関して知識があったとは言えません。当初はサービス部門の事務職として採用されたのですが、自分の中ではお客様と直に接する接客部門を担当してみたいという思いが強く、3年間の事務職を経てサービスアドバイザーへ。学生時代に接客系のアルバイトをした経験があるわけでもありませんし、クルマに関する知識不足など不安は山ほどありました。それでも、フロントの先輩やメカニックに支えられ、少しずつではありますが自信も持てるようになりました。私が勤務する店舗では、フロントとメカニックの職種間に垣根がなく、クルマの技術的なことでも気軽に相談に行けるような雰囲気があり、店舗の自慢のひとつです。

千葉スバルを訪れるお客様はクルマ好きな方が多く、整備や修理に関しても「直した」という結果だけではなく、その理由や内容を詳しく知りたがります。SUBARUブランドを担保するディーラーの一員として、そういったご要望には丁寧にお応えしていきたいですね。ともすれば「正規のディーラーは価格が高い」という印象を持つ方もいらっしゃいますが、価格以上の付加価値をご提供できるように知識・スキルを磨く日々です。例えば、「バッテリーが弱ってきたから」と来店されたお客さまには、単にバッテリー交換を手配するだけではなく、バッテリーの充電方法をお教えするなど、「販売」以上の価値をご提供できるように心がけています。そういったシーンの積み重ねが、お客様からの感謝の言葉や、顔と名前を覚えていただきご来店時に親しくお声がけをいただくなどフロントスタッフとしての喜びにつながっていきますね。

私の目指す姿

まだまだ成長途中だけれども
笑顔だけはだれにも負けない

フロントの業務は、さまざまなお客様と接する機会があります。どの職種にも共通していますが、お客様と接する際に大切なのは知識と笑顔・礼儀ではないでしょうか。私自身、知識や礼儀は至らない面も多々ありますが、笑顔だけは誰にも負けない自信があります。
また、千葉スバルでは、フロント担当の女性はまだまだ珍しい存在です。数少ない女性フロントスタッフである私が結果を残せれば、それだけ千葉スバルの中で女性が活躍できる場も増えていくのではないでしょうか。だからこそお客様と良好なコミュニケーションが取れ、細やかな気配りのできるフロントスタッフに成長し、後輩女性社員のロールモデルとなるような存在になりたいですね。業務そのものだけではなく、ワークライフバランスやキャリアステップなど、後輩の手本となるべくあらゆる経験を積んでいければと思います。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら

; ;