CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW チーフメカニック 安田 良平INTERVIEW チーフメカニック 安田 良平
技術力があるのは当たり前
チーフメカニックとして
それ以上の価値を生み出していく

千葉スバルで働き始めた当初は、今なら1日で終わるような整備にも3日かかるなどしていましたが、周囲の支えもあり技術力も向上。現在では、チーフメカニックとしてチームをまとめる存在になっています。そこで感じるのは、工場を背負う責任感です。技術的なことで、自分にわからないことがあれば、それはチームの誰にもわからない。工場の技術力は自分の腕にかかっているというプレッシャーを感じつつも、後輩が成長するさまを目の当たりにしたり、お客様に「ここののメカニックは雰囲気が良いね」と褒められたりするときにはチーフとして無上の喜びを覚えます。千葉スバルのメカニックは技術力があるのは当たり前。それにプラスアルファとなるような、お客様へのわかりやすい説明やチームメンバーが成長できる雰囲気をいかに作るかがチーフメカニックとしての役割です。

入社のきっかけ

「スバリスト」の存在が
千葉スバルへの入社を決定づけた

SUBARU車に惚れこんだ方のことを「スバリスト」と言いますが、それに表されるように、SUBARUにはクルマ好きなお客様が数多くいらっしゃいます。私自身はもともとクルマが好きで、外を走るクルマの車種を覚えたりするような子どもでした。その中でいつしか自然と「自動車業界で働きたい」と考えるように。そこで感じたのが、「同じ自動車業界で働くのであればクルマ好きな方と多く関われる会社の方が、働きがいがありそうだ」という思いです。そんな理由から、他メーカーよりもクルマ好きなファンが多いイメージのあった千葉スバルに入社しました。
メカニックを志望した当初は、黙々と職人的に働く姿に憧れもありましたが、実際に働いてみると、お客様への整備内容のご説明や後輩に技術を指導するといった「人と接する仕事」の面白さに気づかされました。

複数業種がチームを組んで業務にあたるディーラーのメカニックにはチームワークが求められますし、先輩から技術を継承するにも日々のコミュニケーションは欠かせません。今となっては、一日中機械をいじり続けているだけの環境はちょっと耐えられなさそうですね。

学生の皆様へメッセージ

確かな技術力のあるチームで
他社にないエンジン・機構に触れられる喜び

SUBARU車が搭載している水平対向エンジンを採用しているメーカーはSUBARUとポルシェしかありません。珍しい機械をいじりたくなるのは、技術者の性。千葉スバルにメカニックとして入社されたあかつきには、確かな技術力のあるチームで働けるだけではなく、他のディーラーでは接することのできないエンジンや機構に触れる、メカニックとして貴重な体験ができますよ。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら

; ;