CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW カーライフアドバイザー 西川 野乃花INTERVIEW カーライフアドバイザー 西川 野乃花
「車が好き」な気持ちを大切に
車に乗る愉しさを伝えていきたい

私は幼いころから、父の運転する車に乗るのが好きでした。本格的に興味を持つようになったのは高校時代からで、免許を取得してからは運転する楽しみを知りました。

「スバルに就職したい!」と思ったのは、車メーカー各社の中でも、車に乗る愉しさを提供しているところに魅力を感じたからです。現在、他社ではほとんど作っていないマニュアル車を今でも製造・販売していることからも、操る愉しさへの熱い思いを感じますし、AWDを通じた走行性能と安全性能への強いこだわりが伝わってきました。入社後、スバルの車に乗りはじめてからは、安定感やパワー感があり、以前にも増して車に乗る事が楽しく感じるようになりました。カーライフアドバイザーとして、車が好きだという気持ちを大切にしながら、このわくわく感をお客様にも伝えていきたいですね。

ご購入いただいたお客様で、以前は外出することがほとんどなかった方から、「車を買ってからは頻繁にドライブするようになった」というお声をいただいたこともあります。私自身が感じる、「走る楽しさ」をお客様にも感じていただけているのだなと実感する瞬間です。

私の目指す姿

困った時に顔を思い浮かべていただける存在
そのためにはお客様との距離を縮めること

初めて車を販売した時のことは、今でもよく覚えています。前任者から引き継いだお客様でした。軽トラックを長年愛用していただいていたのですが、定年を迎えたのを機に買い替えを検討されていました。
当時、私は入社2カ月。見積書の作り方すら分からず、店長に手取り足取り教えていただいて成約しました。つたない接客でしたが、そのお客様とは今でもご連絡をいただけるような関係です。こんなふうに「河野さんに相談したい」「河野さんでなければ」と、ご指名いただけるくらい、末永く頼りにされるカーライフアドバイザーを目指しています。

頼りにされるために、お客様との距離を縮めることを常に考えています。私が入社以来続けているのが、お客様向けの手書きのオリジナル通信を発行することです。
オリジナル通信は2、3カ月に1回、お得な情報やイベント告知を掲載していますが、手作業なので、2、3日かかってしまうこともあります。パソコンで作れば、もっと時間もかからず簡単に作れますが、手書きならではの親しみやすさが、私からのメッセージをお客様にしっかりと届けることにもつながっているのではないかと考えています。車のこと以外でも、例えば、スマートフォンの使い方を教えてほしい、といったお問い合わせいただくこともあります。困ったことがあったときに、顔を思い浮かべていただけるような存在になりたいですね。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら