CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW カーライフアドバイザー 西川 野乃花INTERVIEW カーライフアドバイザー 西川 野乃花
クルマのご購入までのプロセスは
お客様によって十人十色
その人に最もふさわしい接客を
意識していきたい

父の愛車がSUBARUだったため、千葉スバルのディーラーは幼い頃から身近な存在でした。そこで働く人たちの自信にあふれた姿、素敵な立ち振る舞いに憧れましたね。営業担当がカタログをめくる仕草がとても素敵だったと、今でも覚えています。
とはいえ、実は千葉スバルに入社する前はクルマに関する知識がほとんどなく、「ボンネット」が何を指すのかも知りませんでした。入社後は、子どもの頃に憧れた千葉スバル社員の姿に近づきたく、クルマに関する知識だけではなく立ち振る舞いや言葉遣いなどもきちんと学ぶように強く意識しました。

言うまでもなく、クルマは非常に高価な買い物です。まずは、クルマを扱う私たち自身がそれにふさわしい信頼感を得なければ、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけませんから。とにかく、入社してしばらくは研修で勉強して、現場で先輩やメカニックから教えられ、ときにはお客様からもクルマについてお教えいただくなど、よく勉強していたと思います。そういった努力が実り、お客様に無事納車できた際は感動もひとしおです。

私の目指す姿

お客様とSUBARUをつなぎ、
素敵なカーライフの始まりをお手伝いする
そのためのスキルを磨いていきたい

ディーラーで働くスタッフは、信頼感が大切だと実感した出来事があります。ある日、ご夫婦でご来店されたお客様がいらっしゃったのですが、試乗や見積もりなどはご要望されるのですが、スタッフからの説明はあまりお聞きになりません。理由をうかがうと、以前お付き合いのあった他社ディーラーでご不快な思いをされたことがあり、次にクルマを買うときは極力ディーラーに頼らず自分たちでなんとかしようとお決めになったそうです。その話をお聞きしてから、私からお話しをしにいくのではなくお問い合わせがあったときのみご対応するようにしていたところ、最終的にSUBARU車をご購入いただくことになりました。「他のディーラーは購入をせかすところばかりだけれど、西川さんはそういう面がないのが良かった」と言っていただけたときには、接客の奥深さを学んだ気がしました。元々そのご夫婦はクルマでのおでかけは積極的にする方ではなかったのですが、クルマの整備でご来店いただいた際に「SUBARUのクルマにしてからは、ドライブが楽しくなった。ありがとう」とおっしゃっていただくこともできました。
お客様がクルマの購入までにたどるプロセスは、十人十色です。積極的なご提案を喜ぶ方もいれば最低限のお声掛けを望まれる方もいらっしゃいます。クルマは、ご購入いただいてからがお付き合いの始まりです。お客様とSUBARUをつなぎ、素敵なカーライフの始まりをお手伝いできるように、これからも知識や接客などスキルを磨いていきたいと思います。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら

; ;