CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW カーライフアドバイザー 高橋 直人INTERVIEW カーライフアドバイザー 高橋 直人
走る愉しさを一人でも多くの人に
「SUBARU」のファンだからこそ
SUBARU車にかける思いは誰よりも強い

親や友人の影響からクルマが好きで、大学2年生の頃からレガシィに乗っていました。スタイリッシュな外観はもとより「走る・止まる・曲がる」といった走行性能の高さはドライブの愉しみを感じさせてくれましたね。それまでに運転したどの自動車メーカーのクルマとも違う、独特な魅力が私と千葉スバルをつないだ最初の縁です。
千葉スバルに入社してからは、店長の教えもありさまざまなことに興味を持つようになりました。カーライフアドバイザーは、クルマの販売に加えクレジットやリース、自動車保険などお客様のライフスタイルに合ったご提案をするのが仕事です。どんなライフスタイルのお客様であっても、最適なご提案ができるようにお客様のご要望を聞き出すコミュニケーション能力は必須です。

また、お客様は、どのようなときにクルマを買おうと思うのか、そこにいたるまでの気持ちや行動を予想するのも大切です。家族が増えたら、どんなクルマが求められるのか。お客様の趣味や余暇の過ごし方がクルマを選ぶ際にどんな影響をもたらすのか…。お客様のライフスタイルや興味関心に強く思いを馳せるためにも、知識や見聞はもっと広めていきたいですね。

私の目指す姿

困っている仲間に手を差し伸べられる
そんな社員に成長していきたい

入社当初はともすればお客様の方がクルマの知識が豊富な場面もあり、接客がうまくいかないこともありました。自分の知識もスキルもまだまだだと痛感してからは、肩ひじを張らずに「新入社員なので、いろいろ教えてください」という姿勢を心がけ、お客様からも知識を吸収するように努めました。それができたのも、ひとえに私もお客様も「SUBARUのファン」だから。自然と、お客様も「SUBARUが好きならば」と温かく接してくださり、「SUBARU」という共通の話題を媒介に、クルマに関する知識や仕事に対する姿勢などを学ばせていただきました。
 営業としては当然の話ですが、日々の数字に追われることもあります。それでも、わからないことや不安なことがあれば先輩がフォローしてくれますし、お客様にクルマをご購入いただいた際のうれしさは何度味わっても良いものです。自分のご提案で、お客様のライフスタイルに「SUBARU車」という彩りを添えられるのは、いうなればお客様の人生に関われたということですから。
今後は、営業としての成長はもちろん、店舗全体を見渡せるような広い視野を持つようになりたいですね。今の自分が周囲からそうしてもらっているように、困っている仲間に手を差し伸べる、そんな社員に成長していきたいと思います。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら