CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW 店長 小野寺 猛INTERVIEW 店長 小野寺 猛
スタッフの成長が自身の喜び
積極的なコミュニケーションと
率先垂範を心がけ
店長として店舗を盛り上げていく

千葉スバルに入社したのは今から10年以上前。営業スタッフとして入社し、それ以降は営業畑一筋。研修や先輩からの教えを通じ、走りの愉しさを追求するSUBARUの姿勢や高い安全性は肌で実感することができました。現在では、店長として営業やサービス品質の向上、人材教育などに注力し拠点を取りまとめています。いち営業マンだった頃は自分の数字の達成がやりがいにつながっていましたが、店長となった今では店舗の数値達成はさることながらスタッフがイキイキと働く姿を見るのが何よりの喜びです。そのために私自身が心がけていることは2つ。ひとつは、スタッフに積極的に話しかけること。スタッフ一人ひとりの個性を活かすためにもパーソナリティを把握し、「この人を活躍させるにはどう導けば良いのか」「どのような指導方法が適切か」を常に考えています。もうひとつは、何事も自分で率先垂範する姿勢です。スタッフ持ち回りのトイレや店舗の掃除は私も担当しますし、営業をサポートすべく店頭にも積極的に立つようにしています。そんな私の姿を見て、スタッフが少しでも何かを感じてくれればうれしいですね。

SUBARU車の持つ雰囲気に惹かれ
入社後はその魅力を肌で実感した

私がSUBARUの存在を意識したのは学生時代のこと。アルバイト先の先輩がレガシィツーリングワゴンに乗っており、その格好良さに魅了されたのがきっかけです。ワゴンでありながらスポーティで、エンジン音も心地よい。他の自動車メーカーとは一味違う雰囲気に惹かれていきました。そこからSUBARUについて調べていくなかで、中島飛行機から受け継がれる奥深い歴史やクルマに対する姿勢や走行性能を追求する思想などに惚れこむようになりましたね。

SUBARU車の持つ雰囲気に惹かれ入社後はその魅力を肌で実感したSUBARU車の持つ雰囲気に惹かれ入社後はその魅力を肌で実感した

学生の皆様へのメッセージ

完璧な方程式や模範解答がないのが仕事
前向きな姿勢が成長と成功につながっていく

千葉スバルには、さまざまなお客様がご来店されます。長年の営業経験を通じて感じるのは、浅くとも良いので広い知識を持ち、お客様とのどんな話題でもついていくことのできるスキルの重要性です。何気ないコミュニケーションを通じてお客様との信頼関係が深まり、商談につながるのはよくあるケース。そのためにも、学生の皆さんにはさまざまなことに興味を持ち、常に多方向にアンテナを張っていただきたいですね。仕事には、明確な方程式もすべての問題に対応する模範解答も存在しません。「どうすれば上手くいくのか」を考え、前向きに行動できる人が求められます。学業だけではなく、遊びやアルバイトなどの経験を通じて知識や行動力を磨き、自らの糧としていただければと思います。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら