CHIBA SUBARU

MESSAGE社員インタビュー

INTERVIEW 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄INTERVIEW 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
求められるのは
お客様が本当に必要なものを
浮き彫りにする力

千葉スバルの営業の醍醐味は、クルマを通じてお客様のライフスタイルを豊かにする、その最前線にいられること。時としてクルマは、住宅に次ぐ「人生で2番目に高価な買い物」と言われます。いわば、お客様にとってクルマの購入は大切なイベント。その大切なイベントに関わらせていただき、お客様のニーズを満たせるようなご提案ができたときの喜びは営業ならではです。
そのために求められるのは、お客様との会話の端々の中からポイントを押さえ、本当に必要とされているものを浮き彫りにする力です。学生時代からさまざまな経験をし、多くの人と接する機会を得た人ほど、このスキルが高い傾向にある気がします。
私たちの仕事は、お客様のカーライフの始まりをお手伝いすること。いうなれば、お客様の人生の転機を彩ることです。クルマを通じ、誰かの人生を豊かにする。学生の皆さんにも、そんな点に魅力を感じていただければ嬉しいですね。

単に販売・整備するだけではなく、
SUBARUブランドを展開・確立すること。
それが千葉スバルの使命。

ご存知の通り、千葉スバルは、長年にわたって千葉県に根付いているSUBARUのディーラーです。社員一同、チーム千葉スバルの一員として、お客様にドライブにおける安心と愉しさを提供しています。また、ただ単にSUBARUのクルマを販売・整備するだけではなく、千葉県におけるSUBARUブランドの展開・確立も使命の一つです。SUBARU車には水平対向エンジンやアイサイトなど独自技術が詰め込まれています。そんな、SUBARUならではの魅力をさまざまな手段を通じてPRしていくのも大切な活動と言えるでしょう。

単に販売・整備するだけではなく、SUBARUブランドを展開・確立すること。それが千葉スバルの使命。単に販売・整備するだけではなく、SUBARUブランドを展開・確立すること。それが千葉スバルの使命。

学生の皆様へのメッセージ

クルマは常に人々から必要とされる存在です

AIの台頭や経済状況の変化など世の中はさまざまな変動にさらされています。そのような中でもクルマは常に人々から必要とされる存在であり、SUBARUの持つ技術力や高い安全性がもたらす「安心と愉しさ」はお客様からも高い評価をいただき、支持されています。当社の持つ先進性や、クルマを単なる移動手段ではなくライフスタイルを彩るものとしてとらえる姿勢に共感いただければ、千葉スバルに入社後も熱意をもって業務に取り組めることと思います。

プロフィール

私はメカニックとして千葉スバルに入社し、フロント、営業職、店長を経て現在では千葉スバルの営業部内を統括しています。

他の社員インタビューを見る

  • 部門長

    • 取締役 営業本部 副本部長兼カスタマーセンターセンター長 清水 達夫
    • 取締役 営業促進部 部長 兼 中古車部 部長 間野 英雄
  • 店長

    • 店長 小野寺 猛
    • 店長 長野 正幸
  • カーライフアドバイザー

    • カーライフアドバイザー 高橋 直人
    • カーライフアドバイザー 西川 野乃花
  • メカニック

    • チーフメカニック 安田 良平
    • メカニック 嶋田 遼介
  • サービスマネージャー

    • サービスマネージャー 細川 伸隆
  • フロントスタッフ

    • フロントスタッフ 北 佳之
    • フロントスタッフ 小林 千晶

社員インタビュートップへ

  • SUBARU販売会社グループ
    新卒・キャリアサイトはこちら

  • 2018年3月卒採用サイト
    応募はこちら